【Jリーグ・カップ戦】ゴールキーパーが決めた歴代の全てのゴールを紹介します!

【Jリーグ・カップ戦】ゴールキーパーが決めた歴代の全てのゴールを紹介します!
Embed from Getty Images

ゴールキーパーの仕事はゴールを守ること。そんなゴールキーパーも、ときにゴールを決めてしまうときがあります!

1993年のプロサッカーリーグ誕生後、全てのJリーグおよびカップ戦の試合で決まったゴールキーパーによるゴールは、全部で9ゴール!本記事ではその全てのゴールを紹介します。

1ゴール目:田北雄気(浦和レッズ)

1996年11月9日 Jリーグ第30節 (79分)
浦和レッズ 3-0 横浜フリューゲルス

ゴールキーパーによるゴールの第1号は、当時浦和レッズの田北雄気。引退後は横浜FCや地域リーグでGKコーチをされています。

2点リードでチームが得たPKのキッカーを任され見事に左隅に見事に決めています。

2ゴール目:松永成立(京都パープルサンガ)

1999年4月7日 ヤマザキナビスコカップ1回戦(80分)
モンテディオ山形 0-5 京都パープルサンガ

流れの中からでの初めてのゴールを決めたのは、松永成立。パントキックが空いてGKの頭上を越えてゴール!

松永さんといえば、横浜マリノスのイメージがありますが、ゴールを決めたのは、京都に所属しているときです。

引退後は横浜FマリノスなどでGKコーチを務めています。

3ゴール目:菅野孝憲(横浜FC)

2004年7月10日 J2リーグ第22節(46分)
横浜FC 3-0 サガン鳥栖

続いては、当時は横浜FCに所属していた菅野孝憲のゴール。

左サイドからのフリーキックが直接ゴールイン!

4ゴール目:高木義成(東京ヴェルディ1969)

2006年7月12日 J2リーグ第27節(64分)
ベガルタ仙台 1-2 東京ヴェルディ1969

今までのゴールは、試合の結果を左右するようなゴールではありませんでしたが、4点目の高木義成のゴールは決勝点です!

ゴールを決めたのは東京ヴェルディ時代。高木さんは、ヴェルディのあと、名古屋グランパスやFC岐阜で活躍。現在は、GK育成のための様々な活動をされています。

以下の動画では、ゴールを決めたときの面白いエピソードが語られています。

ゴールを決めたあとの派手に喜ばない様子がクールだなと思っていましたが、その理由についても語っています。

5ゴール目:村山智彦(松本山雅FC)

2013年11月10日 J2リーグ第40節(18分)
松本山雅FC 2-3 モンテディオ山形

本記事初めての現役の選手。松本山雅FCの村山選手です。

前半18分にチーム先制点を決めています。右サイドからのフリーキックが直接ゴールイン。
これが、推定92.9mで、Jリーグ史上最長距離のゴールとのことです!

6ゴール目:土井康平(グルージャ盛岡)

2014年6月15日 J3リーグ第16節(44分
AC長野パルセイロ 3-2 グルージャ盛岡

当時グルージャー盛岡の土井選手がJ3リーグで決めた同点ゴール!
中央くらいからのフリーキックがゴールになっています。

土井選手は2021シーズンをもって現役を引退されています。

7ゴール目:山岸範宏(モンテディオ山形)

2014年11月30日 J1昇格プレーオフ準決勝(後半AT)
ジュビロ磐田 1-2 モンテディオ山形

ゴールキーパーのゴールの中でも最もインパクトのあったゴールです!

当時モンテディオ山形に所属していた山岸範宏が、J1昇格プレーオフに魅せたゴール。

後半ATにCKで上がってきて見事にヘディングで決勝ゴール!!!このあと山形はプレーオフを勝ち抜きJ1昇格を決めています。

今後、こんなにドラマチックなGKによるゴールが生まれることはあるのでしょうか。それくらいインパクトのあったゴールでした。

8ゴール目:佐藤昭大(ロアッソ熊本)

2017年3月12日 J2リーグ第3節(後半AT)
ロアッソ熊本 1-1 モンテディオ山形

モンテディオ山形のゴールが続きます。佐藤昭大がJ2リーグで見せた後半アディショナルタイムの同点ゴール!

3節目でアディショナルタイムで攻めあがる気概がいいですね。

佐藤選手は2020年シーズン終了後に現役を引退されています。

9ゴール目:六反勇治(清水エスパルス)

2018年11月24日 J1リーグ第33節(後半AT)
清水エスパルス 3-3 ヴィッセル神戸

六反勇治が清水エスパルス時代に決めた後半ATの同点ヘッド!J1リーグでのゴールは、冒頭に紹介した田北選手のゴール以来、実に22年ぶりのことでした。

番外編:あわやゴールの吉田舜(大分トリニータ)

2018年以来ゴールキーパーのゴールがありませんが、最近ではJ2大分の吉田選手があわやゴール、あるいはアシスト?というシーンがありました!

後半アディショナルタイムに得たサイドからフリーキックのチャンスに攻めあがると、本職のフォワードのような、マークを外す動きからのヘディングシュート!

相手にブロックされたのを味方が押し込み、見事に後半ギリギリで同点に追いついています!

この日吉田選手は大分でのデビュー戦でした。

番外編2:チョン・ソンリョン(現川崎フロンターレ守護神)

現在は川崎フロンターレで活躍する、チョン・ソンリョン選手が韓国五輪代表で決めたゴール!

2008年7月27日、北京オリンピック代表でのコートジボワールとの親善試合で、自陣からのロングキックがそのままゴールイン!インパクトのあるゴールでした。

チョン・ソンリョン選手といえば、Jリーグアウォーズで「憧れの選手は川口能活」と発言したことが印象できで、それ以来好印象のGKです♪

まとめ

Jリーグの舞台でゴールキーパーが決めたすべてのゴールを紹介しました。

ロングボールがたまたまバウンドが変わったり、相手GKの判断ミスも絡んでゴールが決まってしまったようなゴールも多い一方で、攻め上がってフィールドプレーヤー顔負けのヘディングもいくつもありました。

ゴールを守ることが、最も重要な仕事ですが、たまにはこういう形で称賛を浴びることがあってもいいですよね!