世界のトップGKのキーパーグローブ UEFA CL 2021-22グループH編~メンディ/シュチェスニー/クリチュク/ディアワラ/ダーリン~

世界のトップGKのキーパーグローブ UEFA CL 2021-22グループH編~メンディ/シュチェスニー/クリチュク/ディアワラ/ダーリン~

2021-22もUEFAチャンピオンズリーグが始まりました。UEFAチャンピオンズリーグといえば実質世界最強のチームを決める欧州最高峰の大会。その試合でゴールを守るGKも、もちろん世界トップの GK といえます。本記事では、UEFAチャンピオンズリーグに出場するGKのキーパーグローブを調査していきます。

  • チェルシー(イングランド)
  • ユヴェントス(イタリア)
  • ゼニト(ロシア)
  • マルメ(スウェーデン)

チェルシー/エドゥアール・メンディのキーパーグローブ

Embed from Getty Images

昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの覇者チェルシーのゴールは、優勝の立役者の1人、エドゥアール・メンディが守ります。2015年のマルセイユに加入するまでは、生活保護で暮らしていて、わずか5年でチェルシーというビッグクラブでチャンピオンズリーグ制覇というサクセスストーリーが話題になりました。

今シーズンのチャンピオンズリーグでは2戦目でユヴェントスの敗れる、少し苦しいスタートです。メンディはuhlsportのハイパーアクトを使用しています。

ユヴェントス/ヴォイチェフ・シュチェスニーのキーパーグローブ

Embed from Getty Images

2017-18シーズンからユベントスのレジェンド、ブッフォンの後継者としてジョインしたのが、ポーランド代表GKのシュチェスニーです。アーセナルの頃はイマイチぱっとしませんでしたが、今や確固たる地位を確立していますね。2020-21シーズンはブッフォンがユベントスに復帰しましたが、スタメンを譲らず。

チャンピオンズリーグでも予選リーグ開幕2連勝と好調です。シュチェスニーがチャンピオンズリーグで使用しているグローブがreusch(ロイシュ)のAttraktというグローブ。ロゴが塗りつぶされているのは大人の事情でしょうか。

ゼニト/スタニスラフ・クリチュクのキーパーグローブ

Embed from Getty Images

ゼニトはロシアのサッカーチーム。ゴールを守るのがクリチュクというロシア代表でも出場経験のあるGKです。

クリチュクが使用するキーパーグローブはAB1のUndici Gallactico。AB1というのはプレミアリーグのストーク・シティやボーンマス、チェルシーでも出場経験のあるアスミル・ベゴヴィッチが立ち上げたゴールキーパー用品ブランドです。

https://ab1gk.com/

マルメ/イスマエル・ディアワラとヨハン・ダーリンのキーパーグローブ

プレーオフから勝ち上がってきたマルメですが、グループリーグでは苦戦を強いられています。

ディアワラのグローブ

Embed from Getty Images

初戦のユヴェントス戦に出場したのはイスマエル・ディアワラ。使用するのはuhlsportのピュアアライアンス。少し前のモデルですが人気のモデルです。

ダーリンのグローブ

Embed from Getty Images

2戦目のゼニト戦に出場したのは、ヨハン・ダーリン。使用するのはPUMAのウルトラグリップを使用しています。